子供が習い事で努力しない?15年のコーチ業でわかった3つの改善策

悩み解決

習い事で子どもが努力をしないと感じる場面は、非常に多くあります。

理由ベスト3はこちら!

  • 先生が嫌・友達と遊んじゃう
  • 興味がなさそう
  • 上達しないことによるやる気低下

そして面白いことに、親御さんにも聞いてみると、子どもとの意見の違いがあることが多いです。

習い事の先生として1,000人以上の子どもを見てきた僕が、実体験からわかったやる気・努力をさせる3つの改善策をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

子どもが習い事で努力しない?3つの改善策

子供が習い事で努力しない悩みは、以下の3つでだいたいは改善されます。

  • 環境を変える
  • 子供のやりたいを見極める
  • 子供との接し方を見直す

努力をしないのには必ず原因があります。

特に子どもは素直です。必ず何かしらのサインを出していることでしょう。

例)子どものサイン
  • 習い事に行きたがらない
  • 家で習い事の話をしない
  • 習い事場で緊張してる

3つの改善策を、子どものサインと関連付けて詳しく解説していきます。

環境を変える

サイン:友達とふざける・行きたがらない
改善策:クラスや習い事場を変える

先生や友達といった対人関係の原因に適した改善策です。

大人ですら、対人関係は難しい問題です。子どもならなおさらのこと。

以下、よくある2つを例にして、それぞれの改善策をお伝えしていきます。

友達と遊んでしまう場合

まずは、子どもの本当の気持ちを聞き出してみてください。理由を知ることが大切です。

本当は集中したいのに周りの子に流されているのが原因なら、クラスを変えるなどの対策を検討してみましょう。

先生に不信感がある場合

子どもとの話し合いで以下のような言葉が出てきたら危険サインです。

  • 怒られないようにしてる
  • いつもダメな見本にされるのが嫌
  • できるだけ目立たないようにしてる

子どもにとって先生との相性は、習い事のモチベーションに大きく影響します。迷うことなくクラスの変更・習い事場を変える決断をしてあげましょう!

》良い先生を見極める2つの方法

子供のやりたいことを見極める

サイン:習い事への興味関心が薄い
改善策:子供の「やりたい」を探そう

習い事への姿勢がネガティブな子への改善策です。

習い事への興味が薄いケースは、よく見かけます。原因は大体以下のような感じ。

  • 興味が違うところに行きはじめた
  • つまらなくなった
  • 全然上達しない など

子どもが色々なことに興味を示すのは、ごく自然なことです。

むしろ、好奇心旺盛で良い傾向!

「なぜちゃんとやらないのか!」ではなく、「他にやりたいことでも見つかったの?」と、子どもの想いを聞くようにしましょう。

下記の記事で詳しくふれていますので、ご参考ください。

》子どもの「好きなこと」を見つける方法

子どもとの接し方を見直す

サイン:習い事場で緊張している
改善策:子どもをそっとサポートしよう

親の様子ばかり気にする子への改善策です。

始めた頃は楽しそうに取り組んでいたのに、だんだんと自己を表現しなくなる。こうしたケースはすごく多いです。

現場にいて感じたことは以下の2つ。

  • 親の期待に無理に答えようとする
  • 怒られないように無難に行動する

こんな経験を良くします。

ママがいる時はおとなしい子が、ママがいなくなると元気に習い事に取り組んでいる。

子どもに期待することで、知らず知らずのうちに子供に負担を与えているかもしれません。

子どもを信じ、のびのびとできる環境を作ってあげたいですね。

子供に習い事で努力・やる気にさせるコミュ術

習い事を意欲的に取り組んでもらうきっかけを作るためにも、以下の2つを意識するとよいでしょう。

  • 子どものタイプに合わせた伝え方
  • 子どもがやる気になる言葉選び

これまでの3つの改善策に共通することは「子どもの気持ちを尊重すること」です。

努力しない・やる気が出ないというのは、大半が気持ちの変化で改善されます。

やっぱり子供にとって、親に信頼してもらうことが一番のやる気の源!

コミュニケーションの仕方を知ることで、今の状況を変えることができますので、深堀して説明します。

タイプに合った伝え方

人は「希望型」と「慎重型」の2種類のタイプに分類されます。

希望型慎重型
プラス思考リスクを避けたい
メリットが知りたい助言がほしい

お子さんはどちらのタイプですか?

タイプに応じた接し方をすることで、子どもに響く言葉になります。

習い事で努力しない…
  • 希望型には
    →良い未来を見せる言葉選び
  • 慎重型には
    →努力の大切さを伝える言葉選び

希望型の子どもに「努力は生きていくうえで大切なんだ」と伝えても、「へぇ~」くらいかもしれません。

慎重型の子どもに「もっと頑張ればもっとすごくなるんだよ」と伝えても、響いていないかもしれません。

子どものタイプを見極め、子どもに合った言葉選びをすることで、努力しない子どもの行動を変えましょう。

ー伝え方コミュニケーション検定資格を知ってますか?ー

上にあげたことは、僕が「伝え方コミュニケーション検定」を取得したことで学んだことです。

生徒への接し方が大きく変わり、相手はもちろん僕自身も、うれしい気持ちになることが多くなりました。

下記リンクで、資格取得した体験談を書いていますので、興味ある方はご覧ください。

》伝え方コミュニケーション検定初級の正直レビュー

子供が習い事で努力しない?改善策まとめ

子どもが習い事で努力しないと悩んだ際の改善策をおさらいします。

  • 対人が原因なら環境を変えよう
  • 興味がないなら好きなことを見つけよう
  • 習い事はそっとサポートするのがGOOD
  • タイプに応じた伝え方でやる気UP

習い事は人生を豊かにするものであって強制の場ではありません。

子どもが自分の意思で習い事に取り組める環境の手助けとなれば幸いです。

\伝え方の資格が3時間で取れる/

わが子のやる気を引き出す伝え方・励まし方がわかる!伝え方コミュニケーション検定


コメント

タイトルとURLをコピーしました