スポーツ少年団(スポ少)のメリット・デメリット【安いけど負担あり】

習い事

スポーツ少年団のメリット・デメリットについて実体験と合わせてお伝えしていきます。

スポ少は全国約30,000か所・活動人数70万弱を誇る日本最大のスポーツ団体です。

  • 子供の成長を育む
  • 地域での活動
  • ボランティアで構成

このような特徴があり、小学生にとってなじみの深い習い事になっていますね。

手軽でハードルが低いイメージがある一方で、スポ少ならではの悩みもあるのが現実。

僕自身、スポーツ指導者であり、スポーツ少年団に在籍をしていました。

指導者目線・スポ少目線の両方の側面からスポーツ少年団のメリット・デメリットをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

スポーツ少年団のメリット・デメリット【安いけど負担あり】

スポーツ少年団のメリット・デメリットを仕分けしました。

メリットデメリット
技術面指導者の力量による
活動面団体競技が豊富個人競技は少ない
友人面広い交友関係が築けるママ友はしんどいかも
費用面かなり安い
環境面近い・安心土日はつぶれる
指導面親のボランティア
負担面親の負担が大きい

基本的に親のサポートで成り立つ習い事なので、指導料や施設料などがなく格安なのが、一番のメリットになります。

逆に、親御のサポートなしでは成り立たない習い事でもあるため、親の負担はかなり大きいのがネックですね。

子供の立場・親の立場からのメリット・デメリットを深堀していきます。

子供のメリット

  • 習い事の選択肢が多い
  • 友人関係が広がる

スポ少は、野球・サッカー・バスケ・バレーなど、多くのスポーツの中から選択できるメリットがあります。

好きなスポーツをのびのびとやれる環境は、子供にとって楽しい毎日を過ごすきっかけにもなります。

地域密着でもあるスポ少は、友人関係のメリットも大きい!

  • 友人経由での入団→不安感が少ない
  • 他校とも接点→交友関係が広くなる

スクールでは学校の友達がいないことも多々あります。子供にとって『友達がいる』ことは大きな心の支えになります。

たくさんの友達とスポーツを通じて学びを得られるため、子供らしくのびのびと成長してくれますね!

子供のデメリット

  • 適切な指導が受けにくい環境
  • 親の都合を受けやすい

スポーツ少年団の特性の一つとして、指導者は親のボランティア。

スポ少時代・プロスポーツ指導の両方を経験している僕の目線からも、指導力に差があるのが現実です。

もちろん、しっかり指導してくれるところもありますが、割合でいうと少ないですね。

「うまくなりたい!」という場合の対策としては2つ!

  • 事前にスポ少の評判をリサーチする
  • スクールに入る

楽しくやれればOKならスポ少は適していますが、技術を求める場合は上記2つも視野に入れておきたいところです。

親のメリット

  • 金銭面が安い
  • 送迎の負担が少ない

スポ少の最大のメリットは、費用が安いことです!

スクールに比べ、月謝は約3分の1、場所によっては5分の1程度に抑えられます。

料金比較スポ少スクール
入会金・年会費2,000円前後5,000円~
月謝2,000円前後5,000円~
目安の金額です

スクールは週1(1h~1.5h)の料金ですが、スポ少は土日フルでの金額なので、かなり安いですよね。

また、活動場所が近場の小学校というのも、親からしたらありがたいです。

送迎をしなくていいのはもちろん、安心感をもって送り出せますね。

親のデメリット

  • 土日に出かけられない
  • サポート面がハード

スポーツ少年団は、親のサポートなくして成り立たないため、負担が大きいです。

具体的に以下のようなことが挙げられます。

  • 土日活動
  • 早朝からお弁当準備
  • 練習当番
  • 総会出席
  • 試合時の送迎

土日はほぼほぼ習い事になりますので、家族でのお出かけは難しくなります。

また、夏は炎天下・冬は寒い中、外で見守らなければならないことも出てきます。ママ同士の関係もネックな部分ですね。

対策は2つ!

  • 親も目一杯たのしんじゃう
  • スクールを検討する

スクールでは、上記の負担はほとんどかかりませんので、負担が嫌な人は子供と相談の上、検討してもよさそう。

スポーツ少年団に入る場合は、それなりの覚悟をした方がよいでしょう。

スポーツ少年団とスクールそれぞれの実体験

スポーツ少年団・スクールそれぞれに良い面もネックな面もあります。

実際に経験して感じたことをまとめましたので、習い事選びの参考にしてください。

スポ少の所感

  • 土日が楽しみ
  • 日常と違う体験ができた
  • 親もなんだかんだ楽しそう

僕自身は野球をやっていて土日が楽しみでした。平日も学校終わりに外で野球ばかりやっていた記憶があります。

近隣のチームやチーム内の他校の子とも仲良くなり、中学の部活で顔を合わせた際は、気持ちが高ぶりましたね。

大きな大会に出場したり、表彰を受けたりなど、小学生ではなかなか体験できない世界を経験できのも、大きい財産です。

すべての親ではないですが、結構楽しそうに応援している感じも、子供心ながらうれしかった記憶があります。

親同士のトラブルや子供同士でけがをさせたなどもありましたが、スポを通して様々なことを体験できたという点では、良い環境だったのだと思います。

スクールの所感

  • 本格指導で得られる可能性
  • 上達感・達成感がある
  • 子供同士は習い事の友達どまり

スクールのメリットは、専門コーチの指導と技術の向上!

習い事に対する子共のモチベーションは高く、上達をするのには良い環境であることは間違いないです。

メリハリのある環境なので、礼儀作法や物事の考え方といった自己表現力も学びやすくなります。

一方で、子供同士はスポ少のような親密な関係にはなりにくく、あくまで習い事で会う友達という感覚。

また、週1回で1時間ほどとスポ少に比べ活動時間が圧倒的に少ないです。

週3回通ったりなどの対策はありますが、その分、費用がかさんでしまうところも、親からしたらネックですね。

子供が純粋に習い事の技術を求めるのであれば、スクールは良い環境です。

スポーツ少年団は親の覚悟が必要!

スポーツ少年団について、再度まとめます。

  • 目的は心身を育む
  • 安さが最大のメリット
  • 交友関係が広くなる
  • 技術を目指すならスクール
  • 親の負担は覚悟しよう

子供には楽しく運動をしてもらいたい!というのであれば、スポーツ少年団は手軽に入会でき、良いです。

その際は、親もある程度覚悟をしておきましょう。

地域やチームによっても、体制や負担度も変わってきます。

ママ友の評判や実際に体験にいった時の雰囲気を見て、判断することをおすすめします。

他のスポーツもチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました