WEBライターなのに書けない?失敗例と3つの対処法【初心者必見】

副業/資格

WEBライターに挑戦してるけど、全然進まない…
なんとかならないかな?

文章を書いては消して、また書いて……書けないサイクルにはまってしまうとつらいですよね。

かく言う僕も、まったく文字が書けずに数時間立つなんてことがよくありました。

原因は簡単で、むやみやたらと書いていたことです。

「書き方」を覚えてしまえば、書けない病にサクッとおさらばできます!

しかも!webライター初心者でもすぐに実践可能!

副業WEBライターを5年やっている僕が、記事を書けない失敗例と3つの対処法を解説していきます。

スポンサーリンク

webライターなのに書けない?書き方を覚えれば解決できます!

WEBライターをやっているのに文章が書けなくて悩んでいるのなら、以下の3つを意識しましょう。

  • 万全な準備をする
  • 文章の型を覚える
  • 架空会話で執筆する

文章が書けないと悩む方の多くは、一気に文章を書こうします。

結果として、頭の中がぐちゃぐちゃになって手が止まり、うまく書けません。

以下のように3つの工程に分けることが重要。

リサーチで「万全な準備」→文章の型で「迷わない書き方」→架空会話で「スムーズな執筆」

この3つは、書けないと悩む失敗例と逆のことだったりします。

まずは、失敗例を確認していきますね。

【失敗例】Webライターなのに書けない3つの原因

Webライター初心者にありがちな、書けない原因の失敗例は3つです。

  • 書きながら調べる
  • 文章を書こうとする
  • かっちり書こうとする

僕の経験も交えて、それぞれ解説します。

失敗例①書きながら調べる

失敗例の1つ目が、リサーチと執筆を同時進行に実施することです。

書きながら調べることで起こる問題点はこちら。

  • 情報がまとまりにくくなる
  • 追加情報を入れたくなる
  • 伝わりにくい文章になる

書きながら情報を追加していくと、どんどん違う情報を入れたくなってしまいます。

気づいたときには「この文章はなにがいいたいんだ?」なんてことに。そのたびに僕は、文章を消して書いてを繰り返してました。

リサーチと執筆は分ければ、事前に得た情報をもとに、迷子にならずに執筆できます。

文章もわかりやすくなり、スムーズに書けますよ。

失敗例②文章を書こうとする

失敗例の2つ目が、文章を書かなければいけないと思い込むことです。

文章を書こうとすることで起こる問題点はこちら。

  • 何を書いているのか分からなくなる
  • やたら文章が長くなる

僕もそうでしたが、文章に苦手意識がある人ほど、ちゃんと文章を書かかないといけない!と思い込みやすいです。

苦手なのに文章を書くわけですから、手が止まるわけですよね。

例えば、300文字の文章を書く場合、300文字を書こうとすると難しく感じます。

では、75文字×4つという考え方ならどうでしょうか。

文章を書くのではなく短文を組み合わせるイメージなら、文章に苦手意識がある人でも書けそうですね。

後述で詳しく解説する「PREP法」を用いるのがおすすめ!Webライターに必須のスキルです。

文章を書くのに苦手意識がある人は、短文を組み合わせる→文章が完成するで、書けない問題を解決できますよ。

失敗例③かっちり書こうとする

失敗例の3つ目が、文章をきっちり書かなければいけないと思い込むことです。

かっちり書こうとすることで起こる問題点はこちら。

  • 文章に違和感がでる
  • 形式ばった文章になる

僕は、かたっくるしい文章しか書けなくて、何度も書き直した過去があります。

もはや、憲法みたいな文章でした。

柔らかい文章にするには、架空の人物を設定して会話をするよう書くことで解決できます。

文章と文章の間に架空人物の合いの手を入れるだけで、スラスラ書けますよ。

Webライターなのに書けないを解決する対処法

文章を書けない失敗例を改善するためには、3つ対処法を実践すればOKです。

  • リサーチの仕方
  • PREP法で書く
  • 架空会話での執筆

それぞれ解説します。

対処法①リサーチの仕方

リサーチの仕方がわかれば、その情報をもとに、スムーズに文章が書けます。

リサーチがあいまいだから、文章を書く際に迷いが生じてしまうのですね。

ポイントは2つ。

  • 調べたいワード+信頼あるサイトで検索
  • 情報を追いすぎない

リサーチは、信頼性のあるサイトから正しい情報を収集することを意識しましょう。

以下の情報元は、信ぴょう性が高いのでおすすめです。

  • 政府系…厚生労働省・環境庁・金融庁など
  • 団体系…財団・社団・医療法人など
  • 研究系…論文など
  • 製品系…有名企業名・メーカーなど

例えば、美容関係の案件で肌荒れの原因を調べたいのであれば、以下のように調べます。

  • 肌荒れ+医療法人

肌荒れ+原因と調べて様々なサイトを見るよりも、信憑性の高い一つのサイトを調べることで明確な答えを見つけやすくなります。

同時に、他サイトの余計な情報を負うこともなくなりますので、必要な情報のみで執筆できますね。

対処法②型を覚える

文章を書くための型を覚えれば、迷わずに文章が書けます。

1から文章を書こうとするから、難しく感じるのですね。

ポイントはこちら。

  • PREP法を習得
  • 型に文章を当てはめていく

PREP法とは、結論→理由→具体例→総括の型に沿った書き方のことをいいます。

具体的にはこんな感じです。

結論:WEBライティングのコツは型を作る
理由:頭の整理がついてわかりやすい文章になるから
具体:PREP法を使うと書きやすくなる
総括:短文を組み合わせて文章を作ろう

PREP法の型に沿って簡単な文を当てはめていき、必要に応じて肉付けすれば、わかりやすい文章をサクッと書けます。

PREP法についてはWEBライター初心者が2000文字を書く方法で詳しく解説していますので、参考にしてください。

対処法③架空会話で執筆

会話をするように執筆すれば、文章がスラスラ書けます。

画面にかじりついて文章を書くから、文章も思考もかたくなってしまうのです。

ポイントはこちら。

  • 1文を短文にする
  • 文と文の間に架空の相手を作る
  • 架空会話をする

はじめのうちは、身近な友人を想定するとわかりやすいです。

具体的にはこんな感じ。

焼肉に行こうよ!
おっ、いいね~!珍しいね、焼き肉なんて
だってさー、今日安いらしいよ!
まじか!
しかも、肉一皿サービスらしいよ。
それは、行くしかないね♪
よしっ!決まり♪めっちゃ食おうぜ!
楽しみ♪楽しみ♪

より詳しい設定の架空人物を作ることで、読者にささる文章をサクサク書けるようになります。

すぐに試せるのでおすすめですよ。

僕がWEBライターでかけない時に実践した方法

ここからは、実際に僕が実践した方法を3つの手順でお伝えします。

  1. リサーチは必要最低限で
  2. 型のテンプレートを用意
  3. 明確な架空の相手を想像する

あくまでも僕のやり方なので、参考程度にしていただければと思います。

手順①リサーチは必要最低限で

  • リサーチ時間を決める
  • テキストなどに書き留めておく
  • 情報を追いすぎない

僕の場合は、2000文字の案件でリサーチ時間は30分を目安にしています。

慣れるまでは、1時間くらいとってもかまいません。そのくらい、リサーチは重要です。

仕入れた情報は、テキストに書き留めておきます。

余計な情報を入れないためにも、できるだけテキストのみをみながら執筆しましょう。

リサーチに十分時間を取ることで、頭の中も書くことも整理されて、すんなり執筆にうつれます。

手順②型のテンプレートを用意

  • テキストで簡単に作れる
  • テンプレートに沿って文章を当てはめる

実際に僕が使っている自作のテンプレートはこちらです。

僕は慣れるまで、各項目ごとをキーワード→短文→文章という具合に、3段階に分けて肉付けをします。

こんな感じです。

結論:PREP法

結論:PREP法で記事が書きやすくなる

結論:Webライターで記事がかけないときは、PREP法を使うことで記事が書きやすくなります。

見出しの数などは、記事の内容によって調整すればOK!

1000文字を書くためのWEBライティングの書き方でも解説していますが、見出しごとに文字数を決めると書きやすいですよ。

手順③明確な架空人物を想像

  • ペルソナを明確にする
  • 文章ごとにどんな返答がくるのかを想像

架空人物は、想定されるユーザー「ペルソナ」を設定します。

出来るだけ細かく設定することで、リアリティあふれる文章が書けますよ。

最低でも、下記を網羅したペルソナを設定しましょう。

  • 年齢・性別
  • 住まい
  • 職業・家族構成
  • 家族情報
  • 悩み・疑問

設定したペルソナと架空会話すると、わらけてくるほど会話が成り立ち、どんどん文章案が出てきますよ。

WEBライターなのに書けない?まとめ

WEBライターで書けないと悩む方に向けて、対処法をまとめます。

  • しっかりした準備が重要
  • リサーチは時間を決めて最小の情報を
  • PREP法の型に沿って記事を書こう
  • ペルソナを設定し架空会話で文章を書こう

WEBライティング特有の書き方をマスターすれば、パソコンの前でかたまってしまうこともなくなってきます。

書き方さえ覚えてしまえば、手が止まることなく、スラスラ書けるようになりますよ!

在宅で本格的なライティング力が学べる

独学でライティング力を磨くのはちょっと…という人は、ライティングスクールもあります。

ぶっちゃけ費用は高いので、ライターを本業として考えている人向けですね。

なかでも、あなたのライターキャリア講座は評判が高く、在宅で学べる注目のライティングスクール。

  • 未経験者もOK
  • オンライン講義
  • LINEでの相談もあり

無料で資料請求できますので、ライターを目指している方はチェックしてみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました