【1000文字サンプル】WEBライティングの書き方と具体的な方法

副業/資格

この記事は約1000文字で書かれていますサンプルとしてご覧ください

WEBライターの案件で1000文字を書く方法をお伝えします。

1000文字書こうとすると手が止まるし、すごい時間がかかる…

実は【型】と【キーワード】を設定することで、簡単に1000文字を書くことができます!

副業WEbライター歴5年の僕が、1000文字の書き方を具体的な方法とともにお伝えしていきますね。

WEBライター以外にもレポートなどにも役に立ちますので、ご参考ください。

スポンサーリンク

【1000文字サンプル】WEBライティング記事の書き方

WEBライティングで1000文字を書コツは以下の3つです。

  • 記事の骨格【型】を決める
  • キーワードごとに見出しを設定(3~4つ)
  • 型に沿って本文を書く(1見出し250~300文字)

1000文字を書こうとすると、WEBライター初心者にとってかなりしんどいです。

『250文字を4つ』『300文字を3つ』と、小さいカテゴリーを複数作るという発想が重要!

頭の中が整理され、一気に記事が書きやすくなりますよ。

【型】や【書き方】については、以下の記事が参考になります。

》WEB記事で2000文字を書く方法

【1000文字サンプル】WEBライティングの具体的な方法

この記事を書くための『設定』は以下の通りです。

型(見出し数)書くこと文字数
導入導入100文字
見出し①書き方300文字
見出し②具体的な方法400文字
見出し③まとめ200文字

ざっくりでいいので、『型(見出し)』『見出しごとに書くこと』『見出しごとの文字数』を決めてしまいます。

今回は、以下の点を意識して骨格を作りました。

  • キーワードを設定
  • 見出しは3つ
  • 具体的な方法をメインに
  • メインの文字数を多めに
  • 合計で1000文字になるように調整

骨格が決まることで【1000文字を書く→300文字を3つ書く】となり、書きやすくなります。

本文の書き方にもコツがあります。

それぞれの見出しごとに【結論→理由→具体策→総括】の順で本文を書くと、説得力のある文章が書けますよ!

型や見出し・本文の書き方は下記の記事で詳しく書いているので、ご参考ください。

》WEBライティングの書き方を4つの手順で解説

【1000文字サンプル】WEBライティングのまとめ

1000文字を書くコツをおさらいします。

  • 文章を書く前に骨格を作る
  • 1000文字の場合は見出しは3~4でOK
  • 見出しごとに文字数を設定

WEBライティングには特有の書き方がありますが、覚えてしまえば、2000文字でも3000文字でも、書くことができます。

1000文字に苦戦している方は、ぜひ、マスターしてみてください。

文字数1077字

WEBライターで稼ぐには

WEBライターは、条件の良い案件をやることが稼ぐための条件です。

クラウドソーシングサイトを複数登録することで【案件を選ぶ側】になることができます。

最低でも下記の3つのサイトは登録しておきたいところ。

\すべて登録してますか?/

サイト特徴関連記事
クラウドワークス業界NO1の知名度こちら
ランサーズ業界トップクラスのサイトこちら
Bizseek手数料の安さは業界NO1こちら

登録は無料ですから、リスクはありません。

同じ1000文字の案件でも、文字単価が0.5円と1円では、同じ作業量で500円の差が出ます。

文字単価1円までなら、作業量・質ともに、それほど変わりませんので、複数サイトから条件の良い案件を探す癖を作りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました