Webライターが向いている人と向いていない人の特徴をチェック

副業/資格

Webライターやってみたいけど、どんな人が向いているのかな

Webライターは、在宅ワークの中でも人気の仕事ですね。

結論から言いますと、まじめな人はWebライターに向いています

とはいえ、Webライターは特殊な仕事です。

やり始めてから「こんなはずじゃなかった」とならないように、向いている人の特徴を深堀して解説します。

合わせて、向いていない人の特徴や仕事内容・Webライターの始め方にも触れていきます。ご参考ください。

筆者について

副業Webライターで月7万を達成。
その経験を活かし、月10万PVのブログを運営。
当サイトでは、副業で月3万以上を稼ぐノウハウを配信。

\ライターをやろう!という方はこちら/

スポンサーリンク

天職!Webライターが向いている人の特徴7つ!

Webライターに向いている人の特徴は、以下の通りです。

  • 文章を書くことが苦にならない
  • 1人の作業でも平気
  • 情報収集が得意
  • 用心深い
  • 継続力がある
  • スケジュール管理ができる
  • 素直に人の話を聞ける

3つ以上当てはまれば、Webライターとして適正は十分といえるでしょう。

それぞれ、説明します。

文章を書く仕事でも苦にならない人

好きじゃなくても苦にならなければOK!

パソコンで文章を書くことが苦でなければ、Webライターとしての土台があり、稼げるでしょう。

Webライターは、どれだけ文字数を書けるかが、収入に直結します。

好きに越したことはありませんが、好きでなくても、苦にならず淡々と文章をかけるかが重要です。

ひとりの作業がたのしいと感じる人

長時間パソコン作業が楽しめるならOK!

Webライターは、ひたすらパソコンと向き合って、地道な作業を繰り返す仕事です。

わからないことは自分で調べ、いかに良い文章を書くかを模索し、頑張った分だけ成果が発生します。

ひとり作業を孤独と感じずに、没頭できることに楽しさを感じられる方は、Webライターに向いています。

情報収集ができる人

「なんとなく」で片づけない性格ならOK!

Webライターは、正しい情報をわかりやすくまとめて文章で伝えるのが仕事です。

執筆するジャンルは幅広く、なかには、わからない分野の記事を書くことにもなるでしょう。

知らない分野でも、正しい情報を見つけ出し深いところまでリサーチできるかが、Webライターに求められる能力です。

知識や知見を広ろげることに喜びを感じ、正しい情報を提供できる人は、Webライターに向いています。

用心深い人

チェックする癖がある人はOK!

Webライターでは、誤字脱字や日本語の間違えは、避けなければなりません。

記事を書き終えた後は、すぐに「OK」とするのでなく、何度も見直しが必要です。

本当に自分の記事はちゃんと書けているのだろうかと疑える人は、Webライターに向いています。

継続力がある人

「とりあえず3カ月」精神な人はOK!

Webライターは、コツコツと作業を続けることで評価も収入も上がる仕事です。

特に初心者の頃は、はっきり言ってまったく稼げません。

しかし、稼げない時期を乗り換えられれば、好きな時に稼げる力が身につけられます。

少しやっただけで「稼げない」と投げ出さずに、将来を見据えて続けられる人は、Webライターに向いています。

スケジュール管理ができる人

予定通りに行動する人はOK!

Webライターは、必ず納期を守らなければなりません。

仕事を続けていくと、複数のクライアントと契約を結ぶことになるでしょう。

クライアントごとに納期を確認し、無理のないスケジューリングを立てることが必要です。

責任感が強く、計画性をもって作業に当たれる人は、Webライターに向いています。

素直な人

人の話をしっかり聞けるならOK!

Webライターは、クライアントから修正依頼も、仕事に含まれます。

「自分はしっかりやりました」とつっぱねてしまっては、クライアントからの信頼は勝ち取れず、稼げません。

修正依頼に柔軟に応じ、スキルアップのチャンスだと考えられる人は、Webライターに向いています。

Webライターはやめとけ?向いていない人の特徴

Webライターに向いていない人の特徴は、以下の通りです。

  • パソコンが苦手な人
  • 独自性が強い人
  • 探求心がない人
  • おおざっぱな人

一概に「だめだ」というわけではありません。

というのも、副業で月5万円以上稼いでいる僕は、すべてに当てはまるからです。

あくまでも、仕事の性質上、そぐわない部分が出てくるという話ですね。

Webライターを目指す人の1つの判断材料として、とらえてください。

それぞれ、解説します。

パソコンが苦手な人

Webライターは、パソコンでの作業がメインなので、基本操作をできることが前提といえます。

スマホという手もありますが、受けられない案件が多く稼ぎづらいため、おすすめしません。

まずは、パソコンと向き合う時間を作るようにしましょう

1カ月もすれば、Webライターとして必要な基本操作は、十分身につけられますよ。

パソコンスキルがあれば、Webライター以外でも稼げるので、ぜひ、身につけましょう。

自信のない方は単発レッスンもあり

パソコンに自信がない方は、オンラインで学べる【ストアカ】を利用するのもよいでしょう。

ZOOMにて、1,500円という安さで、マンツーマン授業が受けれます。

公式ページ:ストアカ「パソコン講座」

独自性が強い人

Webライターは、クライアントの指示に忠実な記事を書かくことを求められます。

ゆえに、自分が書きたいことを好き勝手書けるわけではないのです。

マニュアルがあれば従いますし、クライアントの要求にも応えなければなりません。

ただ、独自性を「体験談」や「専門スキル」に変換すれば、メリットに生まれ変わります

従うところは従い、プラス要素で独自性を盛り込むことで、Webライターとして重宝される存在になるでしょう。

探求心がない人

Webライターは、クライアントから与えられたお題を深いところまで調べる力要求されます

その辺の記事をまとめるだけでは、なかなか稼げるライターにはなれませんし、作業もつまらなく感じるでしょう。

逆に、「なぜ?」を考えられる人は、調べることが苦でなくなり、たのしく作業に向き合えます

ただ、自分は探求心がないからと悲観しないでください。

人間は、好きなことに対しては自然に興味がわきます

まずは、得意分野に特化して案件を選べば、月数万程度なら十分に稼げるライターになれますよ。

おざっぱな人

Webライターは、正確な作業が求められる仕事です。

「多少の間違いならいいか」では、クライアントから何度も修正依頼がきて、嫌になってしまいます。

ただ、大雑把な人は作業が早い人が多く、上手く活用できれば「仕事の早いライター」として重宝されます

誤字などのミスは、普段よりも丁寧な作業を心がけたり、校正ツールを利用すれば改善できます。

作業スピードの才能に少しの努力で、一気に稼げるライターに変貌できますよ。

Webライターの案件ってどんなの?

Webライターの案件は、主にブログ記事の執筆がメインです。

ジャンルは幅広く、初心者向けの案件も豊富にあります。

例えば、以下のようなジャンルです。

  • 美容・コスメ
  • 金融・投資
  • 転職・就職
  • 恋愛
  • ファッション
  • スポーツ
  • 芸能

上記は一例です。さまざまなジャンルが用意されていますので、好きなテーマの案件が見つけられるはず

また、案件ごとに文字単価や執筆文字数が存在します。条件が良くなるにつれて、スキルが必要です。

続いて、実際の仕事内容について触れていきますね。

仕事内容

仕事の内容は、クライアントの対応と記事作成の2つがメインです。

  • クライアントに契約内容を確認
  • クライアントからの指示に対応
  • 執筆開始
    (リサーチ・執筆・画像選定など)
  • クライアントからの修正依頼に対応

他にも、クライアントへの提案や単価交渉も仕事内容に含まれます。

クライアント対応では、記事作成の確認やこまめなやり取りをし、意向に沿った記事作成を心がけましょう。

記事作成では、正確な情報をわかりやすくまとめる力が求められます。

次に、Webライターに必要なスキルを解説しますね。

求められるスキル

Webライターの記事作成に求められるスキルは、以下の通りです。

  • 論理的思考
  • リサーチ力
  • Webライティング力
  • SEO知識(ゆくゆくは)

特にWebライティング力やSEO知識は、稼げるWebライターになるためにも必須のスキルです。

実践で身につけるだけでなく、事前にある程度の勉強も必要になるでしょう。

詳しくは下記の記事で解説していますので、ご参考ください。

未経験からのWebライターの始め方

未経験からWebライターをはじめるなら、クラウドソーシングサイトを利用しましょう。

クラウドソーシングは、初心者でも仕事を見つけやすいからです。

始め方は簡単で、10分もあればライター業に取りかかれます。

  1. クラウドソーシングサイトに登録
  2. プロフィール作成
  3. 案件を探す
  4. 業務に取り組む
  5. 報酬を得る

おすすめのクラウドソーシングサイトはクラウドワークス

知名度№1を誇り、無料かつ、初心者の案件が圧倒的に豊富なので、安心してライターデビューできます。

詳しい手順は下記の記事で解説していますので、ご覧ください。

Webライターに向いている人まとめ

Webライターに向いている人をおさらいします。

  • たんたんと作業ができる
  • 地道に継続できる
  • 丁寧な仕事ができる
  • 副業で月数万を稼ぎたい
  • 在宅ワークを本業にしたい

ライター業は、決して華やかな仕事ではありません。

ですが、一度ライターとして稼げるようになれば、在宅ワーク全般で稼げるスキルを得られます。

この記事が、Webライターをやるきっかけになれば幸いです。

専業を目指すならスクール

副業なら、正直誰でもWebライターになれます。

しかし、Webライターで生計を立てたい場合は、それなりのスキルは必要です。

スクールなら短時間で効率的にスキルが身につけられます。

おすすめは、オンラインで学べるあなたのライターキャリア講座

  • 無料資料請求・無料相談あり
  • 目的に合わせた3つのコース
  • プロの添削で実践向き

口コミでは、「文章力が上がってる実感がある」「書くスピードがあがった」など、よい意見が目立ちます。

ライターとしてのスキルを身につけたい人は、まずは資料請求してみてから判断してみてください。

公式ページ:あなたのライターキャリア講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました