【体験談】WEBライター初心者が文字単価0.1円の案件をやったら悲惨

副業/資格

WEBライター初心者を対象にした「文字単価0.1円の案件」について、体験談をお話しします。

  • 稼げない
  • 悪徳業者の可能性
  • スキルUP望めない

1文字0.1円以下の案件の特徴です。はっきりいって仕事をする必要性はないと思っています。

ただ、WEBライター初心者が0.1円の案件に飛びついているのも事実。現に僕もそうでした。

副業として月5万以上をWEBライターで稼いでいた僕の体験談から解決策までをお伝えしていきます。

こんな人におすすめ
  • 文字単価0.1円案件の実態が知りたい
  • 0.1円の案件に疑問を感じる
  • WEBライター初心者

\WEBライターのおすすめの始め方/

スポンサーリンク

WEBライター初心者が0.1円の案件をやったら悲惨

WEBライター初心者が0.1円の案件をやった時のリアルな数字が以下の通りです。

  • 作業時間は1記事3時間
  • 時給換算50円以下
  • フィードバックなし

衝撃的ですよね。ただ、これが事実です。

この時の僕は、正直お金がどうとかではなく、初めて本格的にクライアントさんとの仕事ができた!という喜びが強かったのです。

案件の内容は以下の通りでした。

  • ジャンル:季節ごとの記事
  • 文字数:1000文字以上
  • 記事数:5記事
  • 報酬:500円 (=文字単価0.1円)
  • クライアントさん:優しい

いざ案件に取り掛かりますが、今までライティングなんてやったことなかった僕は、記事執筆の現実に直面します。

めちゃくちゃ時間がかかる…。ものすごい後悔しました。

0.1円案件の実態を詳しく説明していきますね。

作業量が割に合わない

WEBライター初心者は、どの案件をやるにしても1記事書くのにかなりの時間がかかってしまいます。

  • リサーチに苦戦
  • 記事の書き方がわからない
  • そもそもタイピングが遅い

初心者の場合、1000文字3時間はかかってしまいます。

0.1円でも0.5円でも同じことです。

同じ作業時間なら絶対に単価が高い方がよいですよね。

案件のからくり

突然ですが、下記の案件のどちらを選びますか?

①【初心者歓迎】1記事1,000円/5記事(単価要相談)
②【文字単価0.5円】2000文字/1000円の報酬

極端な例ですが、実際に僕が見た案件で、①を選んでしまいました。

実態はというと(3時間に1000文字書けた場合)

①→時給33円
②→時給167円

②の方が、時給換算が高いですね。

なのに!ライター初心者は「初心者歓迎って書いてあるから…」という心理になるので、0.1円案件への応募が後を絶えないのです。

正直、0.1円も0.5円も作業時間はそれほどかわりません

タイトルに流されるのではなく、文字単価/時給換算の視点で案件を選ぶべきでした。

0.1円は時間も心も報酬も、いいことないですよ。

フィードバックの有無

0.1円の案件は、記事作成に慣れることはあってもスキルアップは望めません

理由は簡単。クライアントさんが内容を求めていないからです。

  • システムを構築している
  • 記事が量産できればよい
  • ライン誘導なんかもしちゃう

条件さえ満たしていれば、どんな記事でもOKスタンスです。ゆえに、フィードバックもしてくれないことが多い

これでは、いつになっても高単価の案件に挑戦することはできません。

0.1円も0.5円も作業量はほとんど変わりません(3回目)

同じ作業量なら、スキルアップも望める単価の高い案件に挑戦した方が、後々の高単価案件につながりますね。

そもそもWEBライター初心者の適正の文字単価はいくら?

僕が経験してきて感じたレベル別文字単価の目安は以下の通り。

レベル目安の単価経歴
初心者~0.5円3か月未満
脱初心者~1円1年未満
中級者1円~3年未満

単純計算で、0.1円の案件ではなく0.5円の案件をやった方が、5倍稼げます。

初心者は経験がないため、案件探しに苦戦をしてしまいますが、0.5円に近い案件獲得を目指しましょう。

WEBライター初心者が0.1円の案件を避けるコツ

WEBライター初心者でも、下記のコツを実践することで、0.1円の案件を避けることができます。

  • 案件の選び方
  • とにかく応募
  • 実力をつけ方

しっかりした報酬を受け取るために必要なことです。

それぞれ詳しく解説していきますね。

案件の選び方

  • マニュアル完備の案件
  • 発注履歴が多い案件
  • 評価が高い案件

上記の条件がそろっていれば、まともな案件です。

仮に単価が低くても、得られるものが大きいです。稼ぐ目的ではなく稼ぐための準備として捉えることができます。

逆に、上記の条件がそろっていない場合は、悪質なクライアントの場合があります。シカトしちゃいましょう。

書き方マニュアル・フィードバックあり
これらの言葉が募集要項にあれば、かなりスキルが上がります。単価が低くても、勉強と割り切って応募するのはアリですね。

とにかく応募

  • ダメ元精神で応募しまくる
  • 契約したら最後までやりきる

WEBライター初心者の時は、実績がありません。そのため、なかなか契約まで至らないことも多いです。

30回応募して1つ契約が取れればOK!くらいな感じでよいです。

契約が結べたら、どんなにきつくても最後までやり抜きましょう!格段にライターレベルがあがり、より高い案件との契約ができるようになります。

実力のつけ方

  • ライティングの本を熟読
  • 記事をひたすら書きまくる

ライティングの本を読んでしまうことが一番手っ取り早いかもしれません。

WEBライティングには、書き方のコツがあります。

習得してしまえば、記事の書く速度は格段に上がり、質の高いライティングとなりますので、より単価の高い案件に挑戦できます。

\ライターのバイブル本/

気難しい参考書のような書き方ではなく、漫画を読む感覚でサラサラ読めるのが特徴!

知識を入れたら、あとはひたすら案件をこなして経験を積みます。

WEBライター初心者は、20記事を目標に記事を書きましょう!

WEBライター初心者でも、0.1円案件は避けよう

0.1円の案件は悲惨という話をしてきました。悲惨にならないためにも、以下の点を注意していきたいです。

  • 文字単価は0.5円を目安に!
  • 案件選びが稼ぐためのコツ
  • 不安ならライティング本もアリ

WEBライター初心者が0.1円の案件にこぞって募集してしまうことが、0.1円の案件がなくならない原因でもあります。

クライアントのコマになる必要はありません。契約上は対等な位置にあるべきです。

知識をつけ、しっかり報酬がもらえる案件にトライし、一生懸命やり遂げるWEBライターになりたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました