【稼げない】副業WEBライターが0.1円の低単価案件を受けた話と対処法

副業/資格

0.1円の案件を見つけたのだけど、これって受けたほうがいいのかな?単価低すぎない?

その案件を応募するのは、ちょっと待ってください!

結論から言いますが、応募する必要はありません

僕も0.1円の案件を受けた1人ですが、時間と労力だけを無駄に費やし、疲弊しました。

さらには、こんなリスクも……。

  • 稼げない
  • 悪徳業者の可能性
  • スキルUP望めない

副業で5年webライターをしている僕が、0.1円の低単価案件の実態と対処法をお伝えしていきます。

Webライターとして、健全に稼ぐためにも、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

WEBライターが0.1円の低単価案件を受けて疲弊【スルーが無難】

クラウドワークスなどでよく見かける0.1円の低単価案件は、避けることをおすすめします。

時間がかかる×稼げない=疲弊となり、メリットがほとんどないからです。

僕は実際に0.1円の案件を受けて、散々な思いをしました。

  • 作業時間は1記事3時間
  • 時給換算50円以下
  • フィードバックなし

時給50円って、ブラック企業の比ではありませんね。

よく低単価案件で「スキルが身につく」とありますが、残念ながら、ライターで稼ぐためのスキルは身につきません。

ぶっちゃけ0.1円も0.5円もさほど内容は変わらないので、同じ労力を割くのなら0.5円の案件を受けるほうがおすすめ!

稼げますし、スキルも身につきますよ。

実際の体験をもとに、0.1円の低単価案件の実態をお話します。

【実録】副業WEBライターが0.1円の低単価案件を受けた話

僕が受けた初めての案件内容は、以下の通りです。

  • ジャンル:季節ごとの記事
  • 文字数:1000文字以上
  • 記事数:5記事
  • 報酬:500円 (=文字単価0.1円)
  • クライアントさん:優しい

クライアントはいい人でしたが、あまりのブラックさに後悔しかありませんでした。

0.1円の低単価案件を受けて感じた疲弊ポイントは3つ。

  • 作業量が割に合わない
  • 案件のからくり
  • スキルアップは望めない

それぞれ解説してます。

作業量が割に合わない

0.1円の低単価案件は、作業量に対してまったく割に合いません。

理由は3つ。

  • リサーチに苦戦
  • 記事の書き方がわからない
  • そもそもタイピングが遅い

webライターは意外とやることが多いので、記事を書くのに時間がかかります。初心者ならなおさらですよね。

さらに低単価のおまけつきですから、労働時間と報酬が見合うはずがありません。

僕の場合ですが、1000文字書くのに3時間くらいかかりました。

ちなみに、0.1円案件の後に0.4円の案件を受けた際も、時間はさほど変わりませんでした。

同じ作業時間なら絶対に単価が高い方がよいと感じました。

案件のからくり

0.1円の案件は詐欺案件の可能性もあり、僕は見事に引っかかりました。

以下は、実際にあった案件です。

①【初心者歓迎】1記事1,000円/5記事(単価要相談)
②【文字単価0.5円】2000文字/1000円の報酬

僕は、①の案件を選んでしまい、後に詐欺案件だと知りました。

Webライター初心者は、「初心者歓迎」の案件に安心して応募しがちです。

以下のような文言は、詐欺案件の可能性がありますので、ご注意ください。

  • 初心者歓迎
  • 主婦歓迎
  • 簡単作業・誰にでもできる
  • スキルが身につく

初心者だかといって安易に応募してしまうと、膨大な労力を削ることになりかねません。

案件選びは重要なんだ、と感じました。

スキルアップは望めない

0.1円のような低単価案件は、記事作成に慣れることはあってもスキルアップは望めません

というのも、記事の質をあげるためのフィードバックがなかったからです。

低単価案件のクライアント心理は、こんな感じ。

  • 目的は記事の量産であって質ではない
  • ルールに従って書いてくれればいい
  • フィードバックの必要性がないから

条件さえ満たしていればどんな記事でもOK!といったスタンスなので、フィードバックもしてくれません。

もちろん、そうでないクライアントもたくさんいます。

しかし、実際に、被害を受けている人がいるのも事実です。

初心者にとって、実践から学べるフィードバックは貴重なスキルアップの場です。

一見、楽そうですが、ゆくゆくライターとして稼げなくなると、実感しました。

WEBライター初心者に適正の文字単価はいくら?

経験上、webライターの文字単価の目安は、以下の通りです。

レベル目安の単価経歴
初心者~0.5円3か月未満
脱初心者~1円1年未満
中級者1円~3年未満

単純計算で、0.1円の案件ではなく0.5円の案件をやった方が、5倍稼げます。

最初は大変ですが、作業量は0.1円も0.5円もあまり変わりませんので、0.5円を目安に案件を選びましょう。

関連記事:WEBライターの文字数と文字単価を比較

WEBライター初心者が0.1円の案件を避けるコツ

WEBライター初心者でも、以下の3つを意識すれば、0.1円の案件を避けられます。

  • 案件の選び方
  • とにかく応募
  • 実力をつけ方

しっかりした報酬を受け取るためにも、実践してみてください。

それぞれ詳しく解説していきますね。

案件の選び方

低単価案件を避けるコツは、4つです。

  • マニュアル完備の案件
  • 発注履歴が多い案件
  • クライアントの評価が高い案件
  • フィードバックがある案件

上記の条件がそろっていれば、まともな案件です。

仮に単価が低くても得られるものが大きいので、稼ぐ目的ではなく稼ぐための準備として捉えられます。

逆に、上記の条件がそろっていない場合は、悪質なクライアントの可能性があるのでスルーしてOKです。

書き方マニュアル・フィードバックあり
これらの言葉が募集要項にあれば、かなりスキルが上がります。単価が低くても、勉強と割り切って応募するのはアリですね。

とにかく応募

Webライター初心者でも0.1円以外の案件に、とにかく応募しましょう。

注意点はこちら。

  • 0.5円を目安に応募する
  • 応募文は熱意を伝える
  • 契約したら最後までやりきる

20件くらい応募すれば、初心者でも1・2件は契約できます。

はじめのうちは、スキルも実績もありません。初心者らしく熱意をしっかり伝えることが、大切です。

また、しっかりした案件を1つこなすことで、スキルは格段に上がります。

今後、ライターとして稼いでいくためにも、最後までやり抜くことも重要です。

実力のつけ方

ライターとして稼ぐなら、事前にライティング力を身につけることも、重要です。

やることは2つだけ。

  • ライティングの本を熟読
  • 上位記事を読み込む・写経する

ライティングの本を読んでしまうことが、一番手っ取り早いです。

「沈黙のWebライティング」なら、一冊読み終えたころには文字単価1円の案件に挑戦できるスキルが身につきます。

知識を入れたら、あとはひたすら案件をこなしたり、上位記事を写経したりして、経験を積みます。

20記事も書けば、高単価案件も視野に入れられます。

関連記事:WEBライティングの書き方を4つの手順で解説

WEBライター初心者でも、0.1円案件は避けよう

0.1円の案件は悲惨という話をしてきました。悲惨にならないためにも、以下の点を注意していきたいです。

  • 文字単価は0.5円を目安に!
  • 案件選びが稼ぐためのコツ
  • 不安ならライティング本もアリ

WEBライター初心者が0.1円の案件にこぞって募集するから、悪質な案件がなくなりません。

契約上は対等な位置にあるべきです。

クライアントに駒にならないためにも、知識を身につけ、低単価案件は避けるようにしましょう。

WEBライターで稼ぐには

WEBライターは、条件の良い案件をやることが稼ぐための条件です。

クラウドソーシングサイトを複数登録することで【案件を選ぶ側】になることができます。

最低でも以下のサイトは登録しておきたいところ。

公式サイト特徴
クラウドワークス業界No.1の知名度
ランサーズ業界トップクラスのサイト

登録は無料ですから、リスクはありません。

文字単価1円までなら、作業量・質はそれほど変わりませんので、複数サイトから条件の良い案件を探す癖を作りましょう。

関連記事:WEBライターにおすすめのクラウドソーシング5選

コメント

タイトルとURLをコピーしました