【失敗談から学ぶ】WEBライター初心者が月1万稼ぐ手順を紹介!

副業/資格

WEBライターをはじめたのだけど、全然稼げない…

まずは月1万を目指して頑張りたい!

WEBライターの最初の目標となるのが月1万!

現実はなかなか厳しく、以下のデータのように大半が月1万を達成できないまま、やめてしまいます。

WEBライターで月1万以下の稼ぎの割合
62%
(buildup調べ)

しかし、やり方さえ知ってしまえば初月から月1万稼げます

特に重要なポイントが2つ。

  • 最初から0.5円以上の案件を受ける
  • ライターといての自覚を持つ

webライター初心者が絶対に達成できる月1万稼ぐためのロードマップを、僕の失敗談とともにお伝えしていきます。

月1万稼げれば、3万・5万とすぐに稼げるようになりますので、参考にしてみてください。

筆者について

副業Webライターで月7万を達成。
その経験を活かし、月10万PVのブログを運営。
当サイトでは、WEBライターで月3万以上を稼ぐノウハウを配信。

\最低限登録しておきたいクラウドソーシング/

公式サイト特徴
クラウドワークス業界No.1の知名度
ランサーズ業界トップクラスのサイト

\WEBライターのやり方はこちら/

スポンサーリンク

WEBライター初心者が月1万稼ぐには

WEBライター初心者が月1万稼ぐポイントは3つです!

  • 文字単価は最低0.5円以上
  • 最低限のライティングスキルを身につける
  • とにかく応募する

実績もスキルも皆無な僕は、この方法を実践してから一カ月で月1万を達成しました。

要は、やり方が重要ということですね。

逆に、絶対にやってはいけないことが低単価案件を受けることです。

低単価案件は稼げないだけでなく労力も疲弊し、「webライターって稼げないじゃん」ってなっちゃいますからね。

同じ道を辿っていかないように、実際に僕の失敗談をお伝えしていきますね。

【失敗談】WEBライター初心者が月1万稼ぐまでの道のり

僕がWEBライターとして月1万稼いだプロセスは、以下の感じです。

初月 :46円
2か月:700円
3か月:4800円
4か月:16200円

※端数は省略

本来なら1カ月で月1万達成できましたが、無知な僕はやり方がわからず、3カ月間を無駄にしました。

がむしゃらに作業をしてもなかなか稼げないということを実感しています。

リアルな失敗談を赤裸々にお伝えしますので、同じ道をたどらないためにも、参考にしてください。

初月:タスクでまったく稼げず

クラウドソーシングに登録して初月にやった作業は、以下のとおりです。

  • タスク10件

タスクとは、単発の仕事のことです。

誰でもできる作業が多く並び、アンケートなどの低単価案件が大半を占めます。

初心者が飛びつきそうな案件が並びますが、稼ぎたいならタスクはやらなくてOKです!

ちなみに僕は、かなり食いついてしまい、稼げない現実を味わいました。

仮にやるとしても、実績作りのために2.3回こなせば十分です。

2か月目:低単価地獄

2カ月目は、初めてプロジェクトに挑戦しました。

  • タスク5件
  • プロジェクト1件

プロジェクトとは、クライアントと契約を結んで仕事をする形式です。

タスクに比べ圧倒的に稼ぎやすいので、ライターとして稼ぐならプロジェクト一択ですね。

注意点として、低単価案件は応募しないことです。

僕は、低単価案件をやったことで、まったく稼げない経験をしました。

案件内容

  • 文字数 :1記事1000文字
  • 記事数 :5記事
  • 報酬  :500円
  • 文字単価:0.1円

WEBライターで0.1円の案件をしたら悲惨でも書いていますが、時給50円以下でした。

初心者の不安な心理を利用した「初心者歓迎」「簡単作業」という言葉は、たいてい低単価の案件なので、避けるのが無難です。

最初は大変かもしれませんが、最低でも0.5円付近の案件を受けるようにしましょう。

3か月目:得意分野に絞る

3カ月目は、低単価の失敗を経て得意分野に絞り、おもいきって高単価案件に挑戦しました。

  • 得意なプロジェクト案件を2件こなす

ライターでは専門知識は重宝されるので、初心者であっても高単価案件に受かりやすくなります

もちろん、初心者ですから採用率は低くなりますが、10件単位で応募すれば、1.2件は採用されますよ。

実際の案件内容を紹介します。

案件内容

  • 文字数 :1記事2000文字
  • 記事数 :2記事
  • 報酬  :4000円
  • 文字単価:1円

ぶっちゃけ、めちゃくちゃ大変で、1記事書くのに10時間かかりました。

しかし、低単価案件100件こなすよりも、高単価案件1件をこなすほうが、圧倒的にスキルが身に付きます

また、高単価案件をやったという実績も付くので、その後の案件獲得もスムーズ!

最初は大変かもしれませんが、1件でいいので、高単価案件をやり切りましょう。

僕は、この案件をきっかけに、翌月に月1万を達成しました。

4か月目:月1万達成

4カ月目にして、ついに月1万円を達成しました。

  • 長期案件と契約

実は、このほかにも数件から採用の連絡が来ましたが、副業でやっていたこともあり、1つの案件に絞って契約を結びました。

高単価案件を一件こなしただけで、世界はがらりと変わります

契約案件

  • 文字数 :1記事800文字~
  • 記事数 :50記事
  • 報酬  :16200円
  • 文字単価:0.4円

単価は低かったですが、高単価案件に比べすごく簡単そうに見えたのと、まとまったお金がもらえるのが選んだ決め手でした。

上記のようなまとまった案件は、様々なリスクもありますが、以下のようなメリットもあります。

  • 記事の書き方が一緒
  • クライアントの癖がわかる

記事数は多かったですが、数をこなすごとに書くスピードはあがり、時間効率は良かったです。

50記事やりきったころには、妙な自信と充実感があって、次の高単価案件もすんなり獲得!

この案件をきっけに、5カ月目には月3万も達成できました。

WEBライター初心者が最短で月1万稼ぐための手順

WEBライター初心者でも、やり方さえわかれば1カ月目から月1万稼げます

手順はこちら。

  1. 知識を入れる
  2. 書き方を学ぶ
  3. 低単価は受けない
  4. 受けた仕事は最後まで

決して難しくはありませんので、実践してみてください。

①知識をインプット

WEBライター初心者が月1万稼ぐための1つ目の手順は、最低限のライティング力を身につけることです。

  • WEBライティングの本を購入
  • 実践を積む

ライティング本の熟読と実践の2つで、すぐに稼げるようになります。

特にライティング本は、これからライターとして稼ぎたいのなら、1冊は持っておいたほうが良いです。

「沈黙のwebライティング」なら、文字単価1円の案件に挑戦できるだけの知識は身に付きます。

効率よく月1万稼ぐためにも、最低限の知識は身につけておきましょう。

②書き方を学ぶ

WEBライター初心者が月1万稼ぐための2つ目の手順は、WEB特有の書き方を学ぶことです。

  • 上位表示の記事を模写
  • 書き方の解説記事を参考

上位に表示されている記事は、先人がインターネットに残してくれた、無料の教科書です。

気になるワードを検索して1番上にある記事を読んで模写するだけで、WEBライティングのコツを感覚で学べます。

また、ライティングの書き方をわかりやすく紹介している記事を、参考にするのも手です。

当ブログでもWEBライターの書き方を4つの手順で解説を書いていますので、よかったら参考にしてみてください。

③案件の選び方

WEBライター初心者が月1万稼ぐための3つ目の手順は、高単価案件に応募することです。

  • 出来れば文字単価1円
  • 最低でも文字単価0.5円付近

上記の案件を20件ほど応募すれば、1.2件は契約できます。

その際、採用率を上げるためにも、プロフィールにある自己PR文や応募文は、しっかり書きましょう。

詳しくはクラウドワークスの自己PRの書き方を参考にしてください。

低単価案件は実績作りのために数件やればOKです。

その後は、とにかく0.5円~1円の案件に応募して、契約が結べたら最後までやり抜きましょう。

④webライターの心構え

WEBライター初心者が月1万稼ぐための4つ目は、webライターとしての自覚を持つことです。

理由はこちら。

  • クライアントに信頼される
  • 継続案件を獲得しやすくなる

実は、途中で仕事を投げ出す初心者ライターは、少なくなりません。

最後まで真摯に作業に向き合うだけで、クライアントから一目おかれ、継続案件にもつながります。

WEBライターは簡単?誰でもできるけどわりと大変でも書いていますが、簡単に稼げる仕事はありません。

ライターとしての自覚をもつことが、最速で月1万円を稼ぐためのマインドです。

WEBライター初心者が月1万稼ぐ|まとめ

WEBライターで月1万稼ぐコツをおさらいします。

  • 未経験でも可能
  • やり方がカギ
  • 知識は入れておこう
  • 低単価案件は選ばない
  • 一生懸命が稼ぐコツ

月1万稼ぐ実力があれば、月3万・月5万も普通に目指せます。

逆に、やり方を間違えてしまうと、なかなか稼げない可能性も。

スキマ時間にWEBライターとして稼ぐためにも、しっかりしたプロセスを踏んでいきたいですね。

WEBライターで稼ぐには

WEBライターは、条件の良い案件をやることが稼ぐための条件です。

クラウドソーシングサイトを複数登録することで【案件を選ぶ側】になることができます。

ライターにおすすめなのが、下記のクラウドソーシングです。

公式サイト特徴
クラウドワークス業界No.1の知名度
ランサーズ業界トップクラスのサイト

登録は無料ですから、リスクはありません。

文字単価1円までなら、作業量・質ともに、それほど変わりませんので、複数サイトから条件の良い案件を探しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました