【オワコン?】Webライターの将来性や需要が高い理由と勝ち抜く秘訣

副業/資格

これからWebライターを目指したいのだけど、需要ってあるのかな

Webライターしているけど、将来が不安だ…

ネット上では「Webライターはオワコン」と言われることも少なくないため、心配になるでしょう。

安心してください。Webライターは将来性のある魅力的な働き方です。

Webライターには稼げる根拠と幅広いキャリアアップがあります。

しかし、誰でも稼げるわけではなく「スキルを身につけたWebライター」しか将来性がないのも事実です。

この記事では、Webライターの将来性が気になる方に向けて、以下の内容を詳しく解説します。

  • オワコンといわれる理由
  • 将来性がある理由
  • スキルアップ術
  • キャリアアップ

「Webライターを目指す方」「キャリアアップを考えている方」の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Webライターはオワコン?将来性がないといわれる理由

なぜ、Webライターは将来性がない・オワコンといわれているのでしょうか。

理由は4つあります。

  • ライター人口の増加
  • 動画・音声コンテンツの台頭
  • AIの進化
  • 上位表示が困難

Webライターが置かれている現状について、詳しく説明します。

ライター人口の急増

副業解禁やコロナの影響もあり、在宅ワークを始める方は年々増え続けています

Webライターの8割以上が利用しているクラウドソーシングサイトでも、登録者の増加が止まりません。

  • 在宅ワークが増える
    →クラウドソーシングサイト利用者が増える
    →Webライターも増える

実際、Webライター向けの案件では、100人以上の募集が集まるものもあります。

Webライターの人口が増えればライバルも多くなり、結果として「稼げない」「将来性はない」と言わるのです。

ただし、Webライターの人口が増える=将来性がないは、必ずしもそうとは言い切れません

クライアントの数も年々増えていますので、Webライターの需要も確実にあがるでしょう。

動画・音声コンテンツの台頭

YouTubeを筆頭に、動画・音声サービスの台頭で、Webライターはオワコといわれます。

映像や音が主流の現代で、文字の需要がないのではと思われているようです。

実際、調べ物をする際は、インターネット検索ではなくYouTube検索が増えているのも事実。

しかし、動画や音声サービスの需要が増えるほど、Webライターの仕事も増えるのです。

  • 動画のシナリオ作成
  • 音声の文字起こし
  • 台本作成

動画・音声サービスが人気を集めるほど、Webライターの需要も比例してあがり、価値も出てきます。

AIの進化

近年のAI進化も、Webライターに将来性がないといわれています。

2021年ごろから、AIで文章を作成するサイトが、加速的に出始めたことよる影響が大きいです。

そのため、今後は、Web記事の大半がAIになると予想されています。

しかし、AIにとって代わるのは、5年後10年後の話。また、AIに記事を書かせるには、まだまだ問題点も多くあります。

  • AI記事サイトの利用は高額
  • 人間には読みにくい文章
  • 機械的な冷たい文章

現時点でのAIには、読者の心にひびく文章を書くのが困難です。

魅力的な文章を書けるWebライターの特性は、最大の強みといえるでしょう。

上位表示が困難

Google検索で、上位表示させるのが年々難しくなっているため、Webライターの将来性が懸念されています。

「未経験でもできる」というイメージから、大きくかけ離れてしまいますよね。

確かに、年々Webライターの求められる質は上がっており、初心者にはつらいかもしれません。

しかし、つらい時期を乗り越えスキルが身につけば、より稼ぎやすい環境になったともいえます。

Webライターの将来性がなくなるのではなく、ふるいに落とされるが適切な表現ですね。

Webライターは魅力的で将来性がある6つ理由

Webライターは、6つの理由から、将来性のある魅力的な働き方といえます。

  • 文章コンテンツはなくならない
  • スキルのあるライターが少ない
  • 動画・音声コンテンツの台本はライティング力
  • AIはまだ人間に及ばない
  • Web広告市場の拡大
  • 他分野でも応用が効く

それぞれ、解説します。

記事コンテンツはなくならない

文字の文化が定着している私たちにとって、記事コンテンツは、なくてはならない生活の一部です。

動画では補えない部分を、記事コンテンツなら解消できます。

  • 検索すればすぐに見つかる
  • 自分のペースで読める
  • 知りたい場所にすぐたどり着ける

動画が主流の現在でも、すぐに検索できて悩みを解決できるWeb記事は、やはり魅力的!

忙しい現代だからこそ、Webライターの価値は高まっているといえますね。

スキルのあるライターが少ない

Webライターの人口は増加していますが、質の高いライターが増えたわけではありません

文章を書けるライターは、たくさん存在します。

しかし、スキルをもったライターは少ないのが現状。

だからこそ、頑張った人には将来性があり、自分の力で稼ぐスキルが身につきます。

  • ライバルと差をつけられる
  • クライアントからの需要が高まる
  • 高単価案件が受注できる

Webライターは、まだまだブルーオーシャンで今がチャンス

WebライティングスキルやSEO知識を身につければ、将来性の明るい職業に変貌します。

動画・音声コンテンツの台本はライティング力

動画作成や音声のプランを形成するのは、Webライティング力が必要です。

Webライターは、読者にわかりやすいように構成や表現を作成できるスキルがあります。

よって、構成が必要な動画・音声の配信において、Webライターは必ず必要とされる存在なのです。

動画や音声サービスの裏方として、活躍の場は増え続けるでしょう。

AIはまだ人間に及ばない

AIの記事に比べ、感情を持つWebライターの文章は、温かみがあって魅力的に書ける強みをもっています。

まずは、「Catchy」というAI記事ソフトを使用して書いた記事をご覧ください。

「Wbライター オワコン」について書いた記事なのですが、私たちが求めている内容とは違う文章ではないでしょうか。

もちろん、AI記事は、数秒で作成できたりキーワード次第では意味が分かる内容を生成できたりと、魅力的な部分も多いです。

しかし、画像のように内容が違う場合や、微妙なニュアンスや不自然な日本語も多く、結局人の手で修正しなければなりません

人にしか書けない文章を書けるWebライターは、やはり需要が高く将来性があるといえます。

Web広告市場の拡大

インターネット広告費の市場は拡大しており、関連するWebライターの需要も伸びると予想されます。

電通報データからも、Web広告市場の目覚ましい成長が見て取れますね。

引用元:電通報

近年ではテレビや新聞とうの媒体を抜き、コロナ過でも成長を続けているのがわかります。

「広告が集まる=インターネット検索が盛ん」と言い換えられ、記事コンテンツを作成するWebライターの価値も必然とあがるわけです。

インターネットの需要が伸び続ける限り、Webライターの将来は明るいといえますね。

他分野でも応用が効く

Webライターのスキルは、記事執筆以外にもさまざまな働き方全般で役に立ちます

というのも、構成やわかりやすい文章、SEO施策など、「人の心を動かす」「モノを売る」ノウハウが身につくからです。

具体的には、以下の働き方で活躍の場を広げられます。

  • ブログ運営
  • SNS運用
  • メルマガ配信
  • 台本作成

また、「人に伝える論理思考」も身につくため、営業など他業種でも、Webライターのスキルを生かせます

これだけの根拠があるWebライターは、はやり将来性のある魅力的な働き方といえるでしょう。

とはいえ、スキルのないWebライターは、淘汰されていくのも事実です。

続いて、Webライターに必要なスキルについて、解説していきますね。

Webライターで需要を高めるのに必要なスキル

Webライターは、スキルがあってこそ需要を高められ、さまざまな働き方の可能性を広げてくれます

ゆえに、まずはWebライターを通じて、じっくりスキルを身につけることが大切。

Webライターに必要なスキルはこちらです。

  • Webライティングスキル
  • 情報収集能力
  • 論理的思考
  • 専門分野の知識
  • 提案・交渉力
  • コミュニケーション能力

一見、難しそうに見えますが、Webライターを真摯に取り組めば、自然に身につきます

スキルを身につけたライターは、クライアントからの需要も高まり、将来も明るいでしょう

また、これらのスキルは、Webライターだけでなく他の業種でも必須のスキルです。

最初の大変な時期を乗り越えて、必要とされるライターになれるかが、勝ち抜くためのポイント。

詳しくは下記の記事で解説していますので、参考にしてください。

Webライターで勝ち抜くためのスキルアップ術

Webライターでしっかり稼ぐためにも、スキルアップは欠かせません

スキルアップにおすすめの方法は、以下の4つです。

  • ライティング講座を利用する
  • ブログを始める
  • ライティング本で学ぶ
  • 実践で添削・フィードバック

それぞれにあったスキルアップ方法で、稼げるWebライターを目指しましょう。

ライティングスキル講座を利用する

Webライターとして、稼ぐためのスキルを最短で学べるのが、ライティングスキル講座です。

基礎から応用まで網羅したスキルが身につくため、実力のあるWebライターを目指せます。

おすすめのライティングスキル講座はこちら。

講座を利用すればプロの添削も受けられるので、効率的なスキルアップが望めます

すぐに収益を望む方や独学に自信がない方にも、講座の利用は最適ですね。

ブログを始める

高単価案件の獲得を目指せるのが、ブログ運営を併用してのスキルアップ方法です。

ブログを通じてSEO知識を学べば、SEOライターとして文字単価2円以上の案件も目指せます。

さまざまな形態のブログがありますが、おすすめはWordpressでのブログ運営です。

理由はこちら。

  • WordPressを扱った案件が多い
  • 応募時に優位に働く
  • 直接執筆で追加報酬が期待できる

Webライターとブログ運営を併用するライターは多く、案件の採用率も上げられます。

ゆくゆくは、ブログでの収益も目指せ、収入の柱をふやせるのも魅力ですね。

将来、ブログ運営を目指す方や比較的時間が取れる方は、ブログ運営に挑戦することをおすすめします。

詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

ライティング本で学ぶ

Webライターを目指すなら、ライティング本は必須です。

ライティング本は、Webライティングの基礎を低予算で効率的に学べます。

おすすめは「沈黙のWebライティング」。

ライター未経験はもちろん、経験者であってもバイブル本として活用しているほど、信頼性の高い本です。

独学を目指す方は、まずは、ライティング本を一冊読み切りましょう。

独学のやり方を解説した記事もありますので、参考にしてください。

実践で添削・フィードバック

Webライター未経験者は、実践を繰り返すことで爆発的にスキルアップできます。

添削やフィードバックを受ければ、ライティング本では補えない実践向きのスキルが身につきます。

おすすめは、実際に案件を受けてみることです。

案件の受注は、以下のクラウドソーシングサイトでできます。

業界TOP3の会員数を誇るクラウドソーシングサイトで、信頼と実績があります。

初心者向けの案件も豊富で、もちろん無料です。

ほとんどのWebライターはクラウドソーシングを利用していますので、サクッと登録しちゃいましょう。

Webライターになる手順は、下記の記事で詳しく解説しています。

Webライターのキャリアアップ

Webライターのスキルを習得し実績を積めば、キャリアアップも可能です。

中でも、以下の3つは現実的なキャリアップといえるでしょう。

  • Webディレクター
  • ライティング講師
  • 専業Webライター

Webディレクターを目指す

Webディレクターは、いわばWebサイトの責任者です。

仕事内容・クライアントとの打ち合わせ
・メンバー選定(ライター・デザイナーなど)
・コンテンツ管理
・スタッフ管理
・スケジュール管理
年収フリーランス:600~800万円ほど(平均)
会社員:400~600万円ほど(平均)
資格・ウェブデザイン技能検定
・PMP
・ウェブ解析士認定試験 など

安定した収入が得られ、人気の高い職業です。

仕事内容には、ライター管理も含まれるため、ライターの経験が生かせるキャリアップですね。

しかし、求められるスキルが幅広いため、すぐに誰でもなれるわけではありません。

知識や実績をじっくり積んでいくことで、Webディレクターの道が開かれていきます。

ライティング講師を目指す

ライティング講師は、フリーランスとして活躍できるキャリアアップです。

仕事内容・ライティング指導
・セミナー開催
・SNS運用など認知度アップ業務
年収働き方により変動
資格・Webライティング能力検定
・Webライティング技能検定
・SEO検定 など

人気のライティング講師になればなるほど、収入が上がります。

そのためには、ライティング能力はもちろん、指導力、認知度、宣伝能力などが必要ですね。

SNSやココナラといった媒体から募集しながら実績を積んでいくのが、一般的。

ゆくゆく、オンラインサロンやセミナー開催までキャリアアップすれば、かなりの収入が期待できます。

専業Webライター

Webライターは、専業を目指す人も少なくありません。

プラン・直接契約
・企業の専属ライター
・会社員ライター
年収200~1,000万円ほど
資格・Webライティング能力検定
・Webライティング技能検定
・SEO検定 など

クラウドソーシングから一歩踏み出した、Webライターの稼ぎ方です。

フリーランスを目指すなら、SNSを活用したりや企業へ営業をかけたりして、仕事を見つけることになるでしょう。

また、専業ライターの多くは「フリーランスエージェント」を活用し、安定した収入を得ています。

おすすめは「クラウドテック」。

クラウドテックは、クラウドワークスが運営するサイトで、好条件で企業とマッチングできます。

月収100万円を稼ぐ専業ライターも存在し、スキルがあれば夢のあるキャリアアップ方法です。

\クラウドテックを詳しく見る/

Webライターの将来性はスキルと専門性で決まる

Webライターの将来性について、おさらいします。

  • 文章を書くだけのライターは需要が少ない
  • スキルのあるWebライターは将来性あり
  • キャリアップも充実

AIの進化や求められる質の高さから、Webライターのあり方は、今後大きな変化を見せるでしょう。

どの仕事もそうですが、スキルがなければ、需要はどんどんなくなります。

しかし、クライアントが求めるスキルを身につけさえすれば、副業で月10万・専業なら月30万円以上を目指せます。

Webライターに興味を持ったのであれば、実際に挑戦してみて「可能性」を感じてみてはいかがでしょうか。

\稼げるライターを目指すなら/

コメント

タイトルとURLをコピーしました